資金融資の審査に通るためには

開業資金の融資における審査で自己資金の見せ金は通用する?

開業資金の融資における審査で自己資金の見せ金は通用する? 融資時の審査では、資金の使途や目的がどんなものであっても自己資金の額は通過するにあたって非常に重要な要素です。
特に、開業資金の調達が目的となっている場合は事業計画の内容と同じかそれ以上に重要視され、多く用意すればするほど有利になります。
これは、一般的に自己資金が潤沢であるほど、開業の努力がきちんと行われており、創業後に資金がショートする可能性も低いと評価されるためです。
開業資金を自己で賄う方法には現物出資や裕福な親族からの贈与、資産売却、会社の退職金などたくさんあります。
また、株式会社を設立して開業するのであれば第三者割当増資などの方法も調達方法として有効になります。
ただし、融資の申し込みをするときには自己で賄ったことを証明できるものを用意しなければならないので注意が必要です。
例えば、親族からの贈与であれば贈与契約書を、資産売却によって調達する場合は売買契約書や代金の領収書などを用意しなければなりません。

開業資金の融資を得るために審査員を納得させるプランを作成しよう

開業資金の融資を得るために審査員を納得させるプランを作成しよう 開業資金を融資してもらうためには、金融機関から審査を受け、それにパスしなければなりません。
審査員が注目するのは、創業計画書に記載されているプランが、説得力のある確実な事業であるかどうかという点です。
貸し付けたお金が、きちんと利子をつけて返済することができることを納得させることが重要だからです。
創業計画書の中には事業内容について詳細に記載していきますが、その際には市場調査や競合分析をしっかりと行っているのか、継続的に続けていくことの可能な事業なのか、熱意は感じられるか、自己資金はどの程度持っているのかなど、様々なポイントがチェックされていきます。
創業計画書のひな型は日本政策金融公庫のホームページからダウンロードできますが、そのまま使っているのでは説得力が弱いので、資金繰り表や市場調査表などの添付資料を付けるなどして、開業資金を得るためにより説得力のある計画書を作成することが望ましいのでしょう。

新着情報

◎2020/3/16

「汚してある通帳」の効力
の情報を更新しました。

◎2020/1/31

サイト公開しました

「開業 計画」
に関連するツイート
Twitter