「汚してある通帳」の効力

「汚してある通帳」の効力

「汚してある通帳」の効力 開業資金の融資を受けるに当たり、審査がなされる銀行の「汚してある通帳」が必要になってきます。「汚してある」とは簡単に言うと、(出来ればメインバンクとして)頻繁に使用している、という形跡が見えるもの、という意味です。開業資金の融資は、銀行がその個人を信用して返済の見込みを担保し、「お金を借りる」ことです。その相手が銀行とはいえ、大きな金額の貸し借りの問題になります。審査にあたり、最も重要になるのが「信頼関係を気付くこと」です。
事業計画がとても立派にたてられていても、一度も取引のない個人へ、お金を貸す銀行を見つけることはなかなか困難です。一方、かねてから給与の振り込み先や、公共料金の引き落とし先などで利用していることで、銀行側は「お得意様である」と認識し、信頼を得ます。そういった面で事業を起こす予定のある人は、お金を借りたい銀行をメインバンクとして日頃から利用しておく必要がある、ともいえるでしょう。

融資審査が難しいときには副業も一つの方法

融資審査が難しいときには副業も一つの方法 独立開業するときに必ず必要になるのが開業資金ですが、この資金は度くらいの金額を用意しておけば良いのかわからない人も多いのではないでしょうか。
開業資金は設立費用だけでなく、設立した後の当面の運転資金を含めたお金です。設立費用は資本金を除けばある程度金額そのものは決まって来ますが、どのようなビジネスを行うのかで運転資金の金額は大きく変わりますし、オフィスやお店をどのよう場所に置くのかでも変わります。
会社を立ち上げたばかりの時期は融資審査も厳しく資金調達が難しいケースが多いのですが、開業資金を集める方法の一つとしてこれから行うビジネスとは異なる副業を行う方法もあります。副業を行いながら資金を集めて、それを当面の運転資金にするやり方です。アルバイトをしながら開業資金を集めるのは融資とは異なり自らの収入になるわけですから返済する必要がない、本業が忙しくなったときには仕事を辞めることができるなどのメリットがあります。

新着情報

◎2020/3/16

「汚してある通帳」の効力
の情報を更新しました。

◎2020/1/31

サイト公開しました

「開業 融資」
に関連するツイート
Twitter